笑っていこうよ!

信州南松本の移住生活

スポンサーリンク

『冬だって沖縄旅!』8.石垣島ミルミル本舗と川平湾を満喫!そして多田浜海岸で夕陽を眺める。

冬の八重山諸島の旅。

3日目の午後は、西表島から石垣島へと戻ってきました。

 

そういえば・・・

 

初日にやたらと石垣島をドライブはしたけれど、半島や灯台ばかり巡っていて、王道の観光地を全然回ってないじゃないか・・・

 

よぉし!

じゃあ今日の午後は石垣島の観光ガイドに載ってそうなトコに行くぞ!!

 

こうして石垣港からレンタカーを繰り出します。

観光ガイドに載りそうな王道スポットを巡りに。

 

しかし旅は、全くもって観光ガイドに載らなそうな、人の居ない場所に行く事になるのでした・・・

 

 

 

12月19日(3日目)14:20 石垣島ドライブ

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190124224208j:plain

 

西表島の旅を終えて、石垣島へと戻ってきました。

午後は石垣ドライブだけれど、まずはお腹を満たすために、宿泊地だったグランヴィリオガーデンに帰ります。

 

グランヴィリオガーデン カフェ&バー「デイゴ

 

実は今回の宿泊プランには「滞在中一度使える」チケットとして、カフェ&バー「デイゴ」の無料チケットが付いてたのです!

町中で美味しいお店を探すのも楽しいけど、有る物は使う!のが僕らのスタイル。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190124224527j:plain

 

落ち着いた感じの入り口。

でも何処となく可愛い感じもするねえ。

ここでランチタイムとします!

西表島は朝早くから行ったので疲れちゃったよ。船も長かったし。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190124224738j:plain

 

うーん、空間が広々としていていいね!

さすがはリゾートホテル内にあるカフェなだけはある。

既にチェックアウトはしているのだけど、ランチ休憩出来るってのが素敵。

 

無料チケットでいただくのはビーフカレー

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190124224907j:plain

 

見た目以上にけっこう辛い!

でもそれが良いね!

シンプルなカレーで何だか安心しちゃった!

でもよく見るとさすがは石垣島

カレーにゴーヤが付いている!

長野でカレーに野沢菜が付いてる時があるけど、それと同じ感覚(^^;)

 

 

ジェラートの有名店、ミルミル本舗

 

グランヴィリオからレンタカーで10分か15分ほど。

やってきたのは石垣島で知らぬ人など居ないと言えそうな有名店。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190124225343j:plain

 

ジェラートで有名なミルミル本舗です!

ここは観光ガイドでも必ず載っているお店!

芸能人も多く訪れている様でサインがたくさん飾ってある!

これまた景色も最高のロケーション!!

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190124225516j:plain

 

ミルク&島バナナジェラート!!

(しまった!色がほぼ一緒の2味!)

ベンチに座って瑠璃色の海を見ながら頂くジェラートって!!

ヤバイねこれは!外せないね、ここは!

 

 

石垣島で最も有名な観光スポット、川平湾

 

ミルミル本舗からはレンタカーで20分ほど。

石垣島の観光を紹介する上で欠かす事の出来ないスポット。

それが川平湾。

どの観光ガイドにも絶対に載る、テッパン中のテッパン!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190124225850j:plain

 

川平公園という場所にある駐車場にレンタカーをとめて、いよいよ石垣最大の観光スポットへと散策です。

といっても3分もあれば川平湾へと到着しちゃいました!!

それがここ!!!

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190124230022j:plain

 

 

うわあーーー!!!

なんだここは!!(*´▽`*)

何という素敵な風景!

こりゃ有名にもなるね!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126001700j:plain

 

 

浜まで降りてみると、これがまた綺麗な海!

ちょっと入り組んだ浜なのかな。

白い砂と透明な海。

ただ、注意!足まで浸かってみたら、地元のオジサンに怒られちゃいました。

「毒を持ってるクラゲみたいなの居るから入っちゃダメだよ!」

 

 

   f:id:tokotoko_yuuki:20190126002250j:plain

 

キラキラの海って、こういう場所の事を言うのかな。

ここはテッパンになるだけはあるよ。

 

こんな海を見ながら浜辺を散策。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126002511j:plain

 

 

 

すると「写真撮ってあげましょうか」というおじ様が。

一枚撮ってあげて、カメラを返します。

その時、その方のお顔をよく見ると・・・

 

あれ??

2日前に石垣島の果ての岬で写真を撮ってもらったおじ様だ!!

ベテランご夫婦で超ラブラブだった方だ!

よく見ると奥様も近くにいらっしゃいました。

 

驚きのあまり思わず握手する僕と旦那さま。

 

こういうの良いな。

景色と同じくらい素敵な時間でした。

ありがとう、川平湾!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126003132j:plain



 

全く謎のヒルギ林へ・・・

 

川平湾を出て次に向かうのは・・・

 

奥さん「マングローブの種を探しに行きたいなあ」

マングローブの種?」

奥さん「西表島のバスの運転手さんが持ってたの。拾って育てられるんだってー。何処か拾える場所がないか調べてほしいです」

 

調べてみると、石垣島の南側に「宮良川のヒルギ林」というマングローブ林があるという事が判明。

川平湾からだと45分ほどドライブだけど、まだ陽が沈むまでは時間があるので、向かってみます。

 

 

さあ着いたぞ!宮良川!!

どんなトコかな???

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126004012j:plain

 

 

な・・・・

なんだここは・・・・(;゚Д゚)

 

人の気配も無いし、上は道路だし、何だか微妙な場所じゃないか?

しかし奥さんは、いそいそとマングローブ林へと進んでいきます。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126004216j:plain

 

 

宮良川ではカヌーの練習をしている一団もいる様だけど、陸にいるのは僕らのみ。

これは相当なマニアックポイントに来たみたいだ。

そういえばカーナビでココを設定しても全然違う場所に辿り着いたしな・・・

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126004358j:plain

 

空には空港に向かう飛行機が。

けっこう空港の方まで来たのかな。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126005014j:plain

 

 

これがマングローブ林にある、ヒルギの小さい子。

これがいずれ大きなマングローブになっていくんだねえ。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126005129j:plain

 

 

これがヒルギの種らしい。

奥さんが一生懸命探して拾ってきた種。

東京のおうちまで持ち帰ったけど、結局育たたなかった・・・

時期が悪かったのか、種が違うのか、種に穴が開いてるのがいけないのか。

うーん仕方ない。

残念だけどね!!

 

 

多田浜海岸にてサンセットタイム

 

さて、時刻は流れていき、旅の3日目も夕方を迎えました。

せっかく晴れた日が続いてるし、海岸で夕陽を眺める事にします。

 

やってきたのは多田浜海岸という、ガイドにも道路標識にも載らない、マニアックな浜辺。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126005604j:plain

 

 

ああ、もう太陽が沈む寸前だ。

この浜には僕らの他には読書している女子が一人いるだけ。

多分、地元の人しか来ない場所なんだと思う。

 

それにしても島の夕陽ってジーンと来るなあ。

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126005747j:plain

 

 

全5日間の行程のうち、3日目が終わります。

いやあ、長い旅だなあ。

毎日朝から動き回ってるから、すごく長く感じる。

目白押しな日々が続く。

それでも、1日1日がとても思い出深い。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126005910j:plain

 

 

こうして太陽が沈むまで夕陽を眺め続けていました。

2018年に行った旅は伊豆半島でも宮古島でも夕陽が海に沈んでいくところを見たのだけど、この瞬間は本当にたまらなく好き。

 

 

 

さて、今日の宿泊先は、この多田浜海岸から車ですぐ。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190126010158j:plain

 

 

ANAインターコンチネンタルです!!

次回はホテルリポート回です!!

 

 スポンサーリンク

 

 

 

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com