信州散歩+旅 「笑っていこうよ!」

信州松本暮らし4年目の日々

スポンサーリンク

晩秋の京都を歩きに行こう! ② - 蹴上インクラインと湯豆腐御膳の夜 -

12月上旬に巡る京都散策の旅(仕事の合間にね)

 

南禅寺を巡った後、境内から外に出るとすっかり夕方になっておりました。

 

↓前回の記事

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

 

 

広告

 

 

2022年12月2日  京都の夕暮れ

南禅寺から蹴上インクラインへと

 

夕方なってきた南禅寺付近。

17:30に湯豆腐料理の予約をしていて少しだけ時間があるので、夕暮れの町並みを歩いてみます。

 

 

 

 

 

やっぱり京都の路地は良いね。

なんてことない道にも品がある。

 

 

 

 

この辺、水路が割と沢山ある気がする。

京都って水路多いの?それともこの辺りだけ?

 

 

 

 

こっちの方へ進んでも人がいないし湯豆腐屋さんとは方角が違うっぽいので回り込んで南禅寺の正面の道へ。

 

 

 

 

早速、湯豆腐のお店が見える。

実は南禅寺が湯豆腐発祥の地なのです。

そのせいで湯豆腐屋さんがいくつか点在している。

かなり高級なお店からそれなりにリーズナブルなお店まで様々。

 

かと思えば・・・・

 

 

 

 

 

 

ブルーボトルコーヒー!!!

しかもなにこの和テイストのお店は!

ブルーボトルコーヒーって未だに行った事ないんだけど何処もお洒落だよねえ。

入店している方々も何だかお洒落に感じる!

 

 

蹴上インクライン

 

そんなお洒落な道を抜けると大きな街道に出ました。

そこにはまた不思議なものが・・・。

 

 

 

 

 

どうやらここが蹴上インクラインらしい。

え・・・水路じゃないの?

待ってどういうこと?分からない。

傾斜のある鉄道にしか見えない。

下流というか低い位置の方には・・・

 

 

 

 

 

 

やっぱり水が。

そしたら水路なのこれ?どういうこと??(;・∀・)

しかも線路みたいな場所に降りる事も可能。

 

 

 

 

一体ここは・・・何?

 

実はこの場所はやはり琵琶湖と大阪湾を繋げていた水路(疎水)に関係した場所。

この水路は船も通る大きなもの。

しかし場所によっては高低差がありすぎて、船が進めない部分もあったという。

そりゃそうだよね、傾斜がキツイと船がジェットコースターみたいになっちゃうもん。

 

そこでレールを敷き、船を載せる台車を走らせる様にするというもの。

 

 

 

 

つまりここも水路だったというわけだ。

そしてその台車に船を乗せて走らせる方式をインクライン方式というらしい。

 

明治時代中期から昭和20年代までは実際に使われてたらしいんだけど今はこうして散策路として開放されていて、実は桜の名所なんだとか!

 

 

そんな蹴上インクライン下流にはやっぱり今でも大きな水路が流れていました。

 

 

 

 

陽が落ちて急激に暗くなる京の町並み。

 

 

 

 

しかしまあなんだ、この蹴上インクライン周辺もキニナル建物が沢山あるので歩き足りない。

 

 

 

 

とはいえ、湯豆腐の時間が設定してあるので、そろそろお店へ向かわなくてはなのだ。

 

 

 

 

 

京都南禅寺 料亭八千代

 

 

 

今回予約しておいたのは、さっきのブルーボトルコーヒーがある辺りにお店を構える、料亭八千代さん。

お宿の八千代さんに併設されている料亭で、有名だという事もあってネンターネットのTable checkというサイトを経由して予約をしておきました。

 

 

 

 

17:00開店なのですがその時間に立ち寄った際にも次々と人が入っていく。

17:30に予約して早いかなとも思ったけど19:00なんてゴールデンタイム、全然空いてなかったの。

 

 

 

 

一人で南禅寺の湯豆腐御膳・・・・贅沢すぎん?

いや、たまには良いだろ。

奥さんからもせっかくの京都出張なんだから少しは贅沢してこいと言われたし。

 

 

ということで本日のメニューはこちら

  • ゆどうふ御膳 松 3900円
  • 日本酒 八千代 大吟醸 一合 値段忘れた

 

 

 

 

いやいやいや(;・∀・)

めっちゃ品のある料亭じゃん!!

向こうに日本庭園が見えるし!

※写真は食事後に一瞬人がいなかった時間を狙って撮ったもの

 

青龍庭園とかいう名前が付いてるんだけど・・・おいおい本当にさっきの値段で良いんだろな( ̄▽ ̄;)

 

 

とテンション上がりながら待っていると、ゆどうふ御膳(松)がやってきました。

 

 

 

 

わあ・・・(*'▽')

おいしそうな御膳。

精進料理の雰囲気が出てるねえ。

 

松を選ぶと湯豆腐だけじゃなく、湯葉とかお造りも付いてます。

 

まずはやっぱり湯豆腐をば・・・。

 

 

 

 

 

拘りに拘った京豆腐・・・。

これをだよ、長年の秘伝のタレにつけて頂くわけよ。

 

 

 

 

 

ヤバウマ!!!(*'▽')

 

ちょっと待って!!!豆腐ってこんなに美味しいの?!?!マジか!!

そして身体が暖まる~!なんか贅沢さを感じる~!

 

 

続いてはもう一つのお楽しみ、湯葉

 

 

 

 

 

うっわ!!!

なんだこれ旨っ!!いやいや、なにこれ旨っ!!!( ゚Д゚)

 

ちょっと待って、今まで食べた事もない味わいなんだけど、これって贅沢すぎじゃないの!?こ・・・・これは日本酒も頂こう。

 

 

(All Photo by Canon EOS M200)

 

 

スッと入ってくる上質な日本酒。

ていうかこのお店の名前のお酒じゃん。

 

いやあ・・・・

美味しい料理と酒。

そしてこの空間。

贅沢したなあ・・・。

 

 

マジで幸せですわ・・・・罪悪感すら感じる。(笑)

 

そんな訳でゆっくりと食事を堪能し、夜の京都散歩はライトアップの時間へと入っていきます。

 

 

→次回へ続く

 

 

広告

 

 

 

↓立ち寄った場所リンク

蹴上インクライン | 見どころ | 日本遺産 琵琶湖疏水(びわこそすい)

南禅寺 料庭八千代 | 京料理とゆどうふとお庭を楽しめる空間

 

↓関連記事

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

 

 

 

スポンサーリンク