信州散歩+旅 「笑っていこうよ!」

信州移住1年目の出来事

スポンサーリンク

『富山県横断の旅』3.夜鳴きラーメンのスター魚津と、滑川ホタルイカミュージアム

富山県を東側から西側へと横断していく2泊3日の旅。

初日は黒部市で生地港やYKKapセンターパークに立ち寄り、夕方からは横断とはルートが離れましたが越中八尾で曳山祭を堪能しました。

 

↓これまでの目次

 

旅の初日の宿は、魚津駅の近くにあるマンテンホテルに宿泊です。

地図で見ると横断の行程は全然進んでません。

(何しろ初日の午後の殆どを越中八尾の曳山祭に費やしてますから)

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190526134439j:plain

 

 

 

 

 

令和元年5月3日 21:00 富山県魚津市 マンテンホテル

 

 

前回の記事でもちょっと触れましたが、今回の宿泊先は北陸のホテルチェーン、マンテンホテル。

魚津マンテンホテルでは、21時になると無料で夜鳴きラーメンがふるまわれるとのこと。

そんなサービスある??すごいビジネスホテルだね。

 

ということで21時に指定の場所へ行くと・・・

 

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190530233259j:plain



 

わーお!美味しそうな夜鳴きラーメンが!!\(^o^)/

これ目当てで食堂が溢れかえるほどのお客さんが!!

いやー、旅先の夜にラーメンなんてサイコーかよ!!

 

 

さらにお風呂に入って気分最高☆

 

富山県の牛乳をゴクゴクゴクゴクーーーって飲みます☆

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190526115601j:plain

 

 

お、さっき行った越中八尾の牛乳じゃないか。

さっぱりとした味でした。

 

そしてこの良い気分のまま、ちょっと夜の魚津を散策です。

 

マンテンホテルは魚津駅のすぐ近くです。

駅を見てみようかな。駅を見る意味は特にないんだけど。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190526115555j:plain

 

 

何だか宇宙的な色合いの駅。

なんでこんなカラーチョイスなんだろう。不思議。

 

そんな事を思っていたら、近くのコンビニで面白い言葉が印字されたTシャツが売られていた。

その言葉とは・・・・

 

 

 

スター魚津

 

 

 

・・・。

んーー。

これについて思ったことはコメント欄にお願いします(;´・ω・)

 

 

 

翌5月4日 08:00 マンテンホテル起床

 

 

 

オハヨーございます!!(*'▽')

 

 

旅は2日目を迎えました。

まずは朝ごはんといきましょうか!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190530233339j:plain

 

 

今回の旅はビジネスホテル宿泊だけれど、マンテンホテルは朝食がとっても充実!

意外と好きなの、ビジネスホテルの旅。

え?奥さん?

奥さんも好きだよビジネスホテル。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190530233321j:plain

 

そしてさすが富山県ホタルイカもありました。

お味はというと・・・

お酒が好きな人はこういう味、好きなんだろうな~って。

 

そして今日はこのホタルイカミュージアムに向かいます。

 

 

さあ、マンテンホテルを出発しますかね!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603215038j:plain

 

 

そんな旅の2日目の行程はこうです!

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190530235757j:plain

 

2日目は横断の旅を進めていきます。

滑川、新湊と通り、高岡という町を目指します。

ひじょーに長い1日になります。

 

5月4日 11:00 滑川市 道の駅「ウェーブパークなめりかわ」

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603215459j:plain

 

魚津から西に進んで滑川という町へとやってきました。

この滑川漁港のすぐ脇にあるのが、道の駅「ウェーブパークなめりかわ」

 

道の駅 ウェーブパークなめりかわ [富山県滑川市]

 

お土産屋さんや食事処などがあるのはもちろんの事なのですが・・

ここの道の駅にはちょっと変わったものがあります。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603220122j:plain

 

 

目の前には日本海富山湾

この富山湾に関するものが、道の駅にあるのです。

さてさて、何だかわかります??

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603220251j:plain

 

 

わかりますかー?

さっきも登場しましたよね、富山の名物。

そう、それはこれ、ホタルイカ!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603220440j:plain

 

 

マンテンホテルでも出てきたホタルイカ

ここでは何と、ほたるいかミュージアムなるものがあるのですよ!

ホタルイカミュージアムって・・・さすがは富山ですなあ。

 

さてさて、ミュージアムにも入ってみようかな。

 

 

ほたるいかミュージアム入館!

 

 

ここは入場料があり、有料です。

3月20日~5月31日のシーズンは800円

それ以外のオフシーズンは600円です。

 

え?何のシーズンかって?ホタルイカのシーズンに決まってるでしょ!

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603220947j:plain

 

 

ホタルイカは実はこんな生き物。

けっこう透明感のあるイカなんだね!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603221353j:plain

 

 

ホタルイカアンモナイトが進化したの??

そうなんだ。

生き物の進化ってスゴイね、全然想像出来ないなあ。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603221802j:plain

 

 

それがこいつらになるわけね。

 

このホタルイカ。富山に旅しに来たら話題から外す事の出来ない生き物。

なんつったって、富山県ほたるいか協会っていう団体まであるくらいだもん。

 

僕らの住む日本でホタルイカが現れるのは新潟県沖から山陰地方にかけてなのだそうです。

まあ実は太平洋側で獲れる場所もあるみたいですが、大規模に登場するのはやはり日本海

その中でも富山湾は産卵の時期に大挙して浅瀬までやってくるのだそう。

 

間違えて陸にまで来てしまい大量に死んでしまう時もあるという・・・

それは「ホタルイカの身投げ」と呼ばれています。

 

そんな悲しい現象ですが、ホタルイカは発光するので、これを幻想的と言って写真に収めたりする人もいます。

でもまあ間違えて大量に浜に打ちあがってしまう現象なので、ちょっとね・・・

 

 

まあどんな現象か見たい方は検索すれば出てくるし、動画とかもあるよ。

 

 

そんなホタルイカ

ミュージアムでは優しくなら触る事が出来ました。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190603223057j:plain

 

 

奥さんは噛みつかれてましたが・・・

けっこう素早いので驚きです!

 

 

てな感じでホタルイカを学びながら、旅はさらに西へと向かっていきます。

ホタルイカについてもっと学びたい方はこちらのリンクへ!

www.hotaruika-toyama.com

 

 

 

さてさて・・・次の町は・・・

新湊という場所です。

今度は急に近代的です。

 

 

 

→次回へ続く

 

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

 

 

 

スポンサーリンク