スポンサーリンク

【東京からの松本移住レポート2020.12】結局、転職活動はどうしました?-会社員編-

東京からの松本市移住レポート。

今回はレポートというより、僕のブログやツイッターに一番多く来る質問。

 

「会社員ですが、お仕事探しはどうしました??」

 

について書き残しておこうと思います。

 

これは2020年11月現在の事情で書きます。

コロナ第3波の最中ということもあるのですが、コロナを抜きにして書き残そうと思います。数年したら事情もまた変わるかもしれませんが。

 

 

 

広告

 

 

会社員としての転職活動(首都圏→松本市

 

今回の内容は以下の条件に絞って書いてみる!

条件に当てはまらない方には申し訳ないけど、想像で書くのもよくないと思うので。

 

  • 首都圏から長野県松本市周辺への移住
  • 会社員としての転職
  • 年収は一般的!高収入は知らん!

 

まず最初にとってもツマンナイ事を書く!

長野県に来てみて、会社員として転職した人に実際に会う機会もあったり、SNS上でやりとりしたりしていて、一番多い転職パターンは何かというもの。

 

これ、すっごくツマンナイ答えなのだけど・・・

書かなければならぬ。それは。。。

 

 

 

 

 

大手求人サイトで仕事を見つけた

 

 

 

 

 

というもの。

 

ね?ツマンナイ答えでしょ?

次いで多かったのは、長野県に強い転職エージェント企業を介したもの。

後は、首都圏のお仕事で縁があった企業の長野県支店に就いた方も数人いました。

それと、今回この記事を書くにあたり、転職に利用したものをツイッターにて呼び掛けたところ、意外にもハローワークを使った方もけっこういらっしゃいました。

 

 

ちなみに僕は、最初は転職エージェントの紹介で転職活動してましたが、最終的には大手転職サイトで今のお仕事に就きました。ハローワークも使ったから総動員した感じですね。

 

そんな経緯から、転職活動中に感じた注意点などを書いてみます。

 

 

大手転職サイトでお仕事を探すパターン

 

結局それかい!!

って方法かもしれない王道パターン(;・∀・)

 

マイナビリクナビ、エンジャパン、DODAなど、大手サイトであれば長野県の求人数もかなりあるし、当然松本市周辺のお仕事掲載も多い。

 

こういう大手サイトに掲載する企業という事は、当然の事ながら求人に回す資金があるということ。その傾向は都会よりも地方の方がより顕著。

あとは随分と求人サイトを見ていて思ったんだけど、毎週の様に更新している企業は検索中に上位ページに出てくる様になっている様な気がする。

地元の中小企業は毎週まで更新する事はしないから、そういう企業を狙う場合は、長野県で検索した後に、後ろのページから遡りながら求人を見ていくのも良いかもしれない。

案外、後ろの方のページに地域の優良企業が多く掲載されてたりする。

 

 

さてさて、大手サイトのメリットは上記の事だけ(笑)

ここからは注意点と苦労話をば。

 

 

 

大手サイト経由で松本転職を進める場合に困った事…

 

大手サイトはそれぞれ更新曜日が決まってる。

だからその他の日にも見る事はお勧めしない。前の日と情報は変わらないから。

何故お勧めしないかと言うと・・・

 

毎日見てると縦スクロールゲームで気持ち悪くなる。

マウス操作で腱鞘炎になる。

 

例えば松本市周辺で求人検索を大手サイトですると、周辺には工場地帯も多いせいか、そういった企業へ人を派遣する人材手配系の求人が超大量に出てくるの。

同じ企業の求人、同じ様な仕事内容の求人が永延と出てくる。

他にも保険の営業。医療器具の営業。が超たくさん出てくる。

そういったお仕事を探している人には嬉しいかもしれない。

 

そういった中で、時々出てくる希望の求人を探すためには、PC画面の縦スクロールを長々とし続ける事になるの。だから毎日見る事は勧めない。

縦スクロールなんてシューティングゲームだけで良い。

 

もう一度書くけど、後ろから検索するの割と良い。

地方で求人サイトにお金払うなんて割と資金繰り良いよ。

もちろん、人が続かなくくて求人かけるしかないブラック企業もあるけど。

 

※地方にブラック企業少ないなんて妄想だからね。

 

 

 

あと、ちょっと思ったのが登録する際の仰々しさ。

 

 

 

エントリーシートの登録がめっちゃ面倒臭い!!

 

基本的に大手企業採用を目指してるのが大手サイトだから準備が仰々しいんだよね。

これに耐えられれば大手サイトを利用する価値はあると思う。

 

 

あと、応募時に「面接出来る日程を入力してください」ってパターンが多いのも大手サイトの特徴。

首都圏から松本まで行くのは3時間くらいはかかるでしょ?

面接30分のために往復6時間だから、1日スケジュール切っておかないとキツイ。

しかも土日は面接しないって企業も多いからね。地方は特にそう。

※僕は前泊して朝9時に面接受けて、あずさで東京駅まで行って午後1時から勤務したりしてた…

 

 

さてじゃあここで、使用して内定まで貰う事の出来た大手サイトをリンク張っておきます。

3サイト合計で6社から内定頂きました。

(39歳/男性/全て未経験職にて応募/2018年秋)

 

 

広告

 

 

 

 

長野県の人材コーディネーター企業を介すパターン

意外と使って転職先見つかった移住者が多いのがこのパターン。

長野県に特化した人材コーディネーターさんを経由する方法。

僕が使った3つの企業を載せてみます。

 

ちなみにそれぞれ、東京の銀座naganoにて相談できる日もあるから問い合わせしてみるのもあり!(コロナ流行中はしてないと思うけど)

 

長野県特化!イーキュア

www.ecure.co.jp

長野県に特化した人材コーディネート企業。

当然、松本市周辺にも求人案件を多く持ってます。

応募先の人事担当者とスケジュール調整もしてくれるし、企業によっては同行してくれる事もあります。

とにかく親切。とにかく長野県に来てもらいたい熱が強い。

 

ただそのせいか、紹介してくれた求人案件に「どうしようかなあ」と検討するそぶりを見せると「早く決めてほしい」「まずは仕事決まらないと移住は何も進まない」など急かす発言が多いのも特徴的でした。

背中を押してほしいタイプの人は良いかも。

ただ、面接に行ってみて、ここちょっと違うなって思う事ってあるじゃないですか。

そういう事情で辞退したりすると急にメールで「で?次どうすんの?」とか書いてくるから注意。電話も無視されて担当者が変わります。

でもね、エンジニア系の求人には強い印象あるよ。

 

 

丁寧にゆっくりと。八十二スタッフサービス

 

www.82staff-service.co.jp

 

最も誠実なのがここ。八十二スタッフサービス

長野県で最大の地銀、八十二銀行の関連会社です。

松本で言うと、なわて通りの入口あたりに営業所があります。

 

銀行系ということで紹介案件も堅実な企業が多いです。

恐らくですが経営状態が悪い案件は紹介していないと思います。

銀行系ですから、経営状態も把握している案件が多いはずです。

 

特徴としては慎重派でした。

「信頼出来る人材を、信頼出来る企業に紹介する」といった感じでしょうか。

なので登録する際も面談がしっかりしています。

このため、早く転職したい人よりも、じっくりと時間かけて仕事探したい人に向いていると思います。

必要以上に背中をせっついてくる事はありません。

自分のペースを守れるという感じですが、背中押してほしい人には物足りないかもしれません。

 

 

いくつかの県に営業所を持つ企業の長野県営業所 エンリージョン

enregion.jp

 

プッシュ圧の強いイーキュア。

マイペース感のある八十二スタッフサービス

その中間くらいなのがこのエンリージョン。

 

リクルート系の企業経験を持つ人が多い印象。

の割にはプッシュ圧はそれほどでもありません。

担当者の印象は最も都会的でもありますが、意外と長野県出身者も多いので長野県愛も感じます。

松本事業所は駅から徒歩数分のところにあります。

 

企業の人事担当と密に繋がっている感じで、求人検索に出てこなかった企業の求人なども紹介して頂けたりしました。

一番、自分にフィットしそうな案件を紹介いただけたので感謝です。

※結局、様々な事情で別の道で転職しましたが

 

 

 

広告

 

 

 

ハローワークジョブカフェ信州)を使ってみる

 

www.jobcafe-shinshu.pref.nagano.lg.jp

 

忘れちゃいけないのがハローワーク

ここはご存じかもしれませんが公的機関。

松本駅前にジョブカフェ信州というスペースを設けてるので、ここで相談や検索ができます。

ここまで紹介してきた、大手サイトや人材サービスとは違って金銭のやりとりをしているサービスじゃないのだから、2人しか居ない様な小規模企業から地元上場企業まで幅広く揃ってます。

そして、セミナーなども開催しているのが嬉しいポイント。

 

ただ、応募は順番性というのを覚えておいてほしい。

求人が出たとして、選考は順番になります。

例えば20人募集している企業に応募したら、先の20人の選考の終わり待ちになる事が多いです。

 

そして全然社員が定着しない様な企業もたくさん登録されてます。

見極める力がわりと必要だけど、今の時代、企業名を検索すれば何となく雰囲気はわかるもの。応募時にハローワーク担当者に「この企業、どんな感じですか」って聞いておくのがポイント。

「ここあんまり良い企業じゃないよ」とか教えてくれます。

金銭が動いてないから正直に感想を教えてくれるのが嬉しいのだ。

 

 

 

 

松本市周辺のお仕事注意点

 

地方としては大きな街である松本。

そして周辺も塩尻安曇野など有名な土地も多い「中信地区」

 

全体としては工場が多い。

このため工場人材の応募がとても多い。

その仕事が夜勤ありかどうかは要確認事項。

夜勤OKな人だとお仕事多いくらいなのが松本周辺。

 

物流の拠点・中継点でもあるから、その関連仕事も多い。

列車での物流拠点もあれば、高速道路もあるし、飛行輸送の企業もある。

 

サービス業もけっこうたくさんある。

長野県の真ん中エリアの最大の街だから数は多い。

接客系ならイオンモールなんかにも数あるし。

 

営業や外回り系となると必須アイテムがある。

それは運転免許

これないと外回り有りの仕事はできない。

電車移動で外回りとかほぼ無いからね。

車の運転が苦手という人はキツイと思う。

 

営業範囲が松本周辺が中心なのか、長野県全体なのかでもけっこう違う。

僕は長野県全域+新潟県の一部+山梨県の一部なので、一回の外出の走行距離が往復で200kmを越えるとか珍しくも何ともない。

そういうのがOKであれば走行中は自由時間だし楽しいと感じる人も多いはず。

 

 

あと意外と苦労している移住組が多いのは、親族経営の中小企業。

これは企業数としてはけっこう多い。

社長がお父さんで社員には息子さんとか奥さんがいたりして。

そういう構成でも良ければ応募出来る企業数は一気に増えたりもする。

 

 

広告

 

 

 

 

 

以上、15社以上も受けて結果的に8社から内定を頂き、そのうちの1社に就職した僕が抱いた印象を書き残しておきました。

僕は最終的にエンジャパン経由で東京都品川区に本社を置く中小企業に就きました。

その企業の松本営業所がとっても人気無くて・・・(;´・ω・)

未経験39歳なのに受かりました。

首都圏では舞台照明や会場運営のお仕事だったのがPCを扱うエンジニア系のお仕事へ…

 

住む場所とお仕事の業界が同時に変わるのはなかなか大変な事。

出来れば経験が生きるお仕事が見つかる事を願います。

 

現実的なばかりな意見ですいません。

理想や良い事ばかり書く地方移住シリーズではないので。

 

 

 

次回でこの松本移住レポートのシリーズも一旦最終回とします。

代わりに新シリーズが色々と始まりますのでそれはそれで読んで頂けると幸いですわ!!!

 

広告

 

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20201120141408j:plain

 

スポンサーリンク