信州散歩+旅 「笑っていこうよ!」

信州移住1年目の出来事

スポンサーリンク

『冬だって八重山諸島を旅しよう!』4.星の砂が見つかる浜 竹富島さんぽ旅 / 後編

冬の沖縄県八重山諸島を巡る旅。

2日目は午前中から、沖縄の原風景ともいえる島、竹富島を散歩中です。

 

 

赤煉瓦と白い砂の道を進んでいくと、やがて集落は終わり、海へと続く道になりました。

この先には星の形をした砂が見つかる浜があるということで、そこを目指していきたいと思います。

冬だって沖縄編、まだまだ前半の第4話です。

 

↓前回

 

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

 

 

12月18日 12:05 竹富島 散歩中

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103220932j:plain

 

竹富島の集落を越えて、南の方へと歩いてきました。

ここら辺まで来る観光客はレンタサイクルでの方々ばかり。

歩きで海を目指す人はそんなに居ないみたい。

 

小鳥の鳴き声を聴きながら、カイジ浜というビーチを目指します。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103221356j:plain

 

島には綺麗な蝶々がたくさん飛んでます。

鮮やかなブルーのチョウ。

これはですね。

うーーん。

なんだろう??(;・∀・)

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103221329j:plain

 

 

このお花はですね。

うーーーん。。。

なんだろう(-_-;)

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103221528j:plain

 

お!こちらのチョウはですね!

うーーーん。。。

なんだろう・・・(;´・ω・)

 

全然わかりません。

旅ブログなのに何の解説も出来ませんね。。。

 

最初のブルーのチョウはアサギマダラかなあと思うんだけども・・・

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103222003j:plain

 

しばらく歩いたところで、やっと海が見えてきた!

あれが目指していたカイジ浜に違いない!

わーい!海だーーー!!

 

星の砂が見つかる場所、カイジ浜

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103222125j:plain

 

カイジ浜・・・またの名を星砂浜。

早速、奥さんが砂を探していますが、ここが星形の砂が見つかる浜の様です。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103222417j:plain

 

砂も綺麗だけれど、まずは海が綺麗。

宮古島では宮古ブルーという言葉を採用した当ブログですが、八重山諸島の海の色は・・・瑠璃色という感じ。

 

そして、しばらく砂を探していると・・・・

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103222718j:plain

 

星の形をした砂を発見!!!

見えるかなあ?真ん中あたりに二つ!!

不思議だよね、星の砂!

 

やったあ!

見つからないかと思った!

喜びのブランコ!!!

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103222947j:plain

 

 

砂浜を伝い「コンドイビーチ」と「西桟橋」へと

 

このカイジ浜から、ほとんどの人はレンタサイクルで、少し北側にあるコンドイビーチという場所へ行くのだけれど、僕らは砂浜を歩いていくことにします。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103223240j:plain

 

海は瑠璃色、浜は白。

なんという開放的な場所!

夏じゃなくて良かったかも!

12月の竹富島は雨と曇りばかりらしいけれど、21℃快晴の今日は本当に散歩日和。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103233449j:plain

 

干潮なのかな。

海の浅瀬が浮かび上がって島の様になっていたので、そこまで渡ってポージング!!

海水は入ったときちょっとだけ冷たいけど、慣れれば歩く分には問題なし!

 

そして竹富島で最も賑わいそうな浜、コンドイビーチにやってきました!

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103233634j:plain

 

まあ閑散期なので人は20人くらいしかいませんけど。

ここは浜というよりビーチという感じで、気持ち良さは最高クラス!

 

あんまり気持ち良いんで、地元のねこちゃん(=^・^=)たちも楽しそう。

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103233850j:plain

 

コンドイビーチからは普通は道を進むんだろうけど、奥さんに強い要望で、浜辺をさらに歩く。

しばらく進むと西桟橋に到着。

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190103234035j:plain

 

105メートルにも及ぶ長大な桟橋。

国の登録有形文化財になっているらしい。

夕陽の名所みたいだけど、昼間だってこの景色!

遥か彼方に小浜島という島。

そしてその向こうには沖縄県で面積ナンバー2の西表島がうっすらと見える。

 

もし今回、奥さんが船酔いしなければ、最も遠いのが西表島

ただねえ、この竹富島の4倍もの時間をかけて行く島なので、行けるかどうかは未定。

それこそ激闘西表島になっちゃう。

 

再びの集落で水牛に会う

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190104000024j:plain

 

集落まで戻ってきました。

この竹富島でランチという手もあるんだけど、高速艇の時間とうまく折り合わなかったので、島カフェはお預け。

 

とか考えながら歩いていたら・・・・

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190104000201j:plain

 

お!!

牛さん!!

こいつは・・・水牛だね!

ウォーターバッファロー

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190104000311j:plain

 

迫力あるなあ水牛。

こんな大きな水牛車に人を乗っけて運ぶんだね。

今は休憩中だそうで、のんびりしてました。

 

竹富島を去る

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190104000448j:plain

 

こうして、ザ・沖縄な赤煉瓦風景の集落と、星の砂がある浜を有する竹富島を去りました。

 

時刻は14時45分

竹富島からは石垣島に帰還です。

ただ、午後の予定は真っ白です。

 

さてどうするか・・・

 

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190104000848j:plain

 

石垣港離島ターミナルに着いたら、マリヤシェイクという激旨シェイクを飲みながら相談です。

このマリヤシェイク、さっぱりとした味わいで本当に美味しい!

離島ターミナルに来たら外せない一品だよ!

 

そんな中、午後の行程が決まりました。

 

「もう一つ、離島に行こう」

 

向かうのは高速艇で25分。

黒島です。

 

 

 

 

 

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

 スポンサーリンク