笑っていこうよ!

信州南松本の移住生活

スポンサーリンク

『関東からの松本移住』1.長野県松本市ってこんな場所!!だから選んだ!

信州移住をしたところで、ブログも改装しました!

これからは3年前に書こうとして断念してしまった、松本ってこんなトコロ!っていう事も書いてこうかなーって思ってます。

でも基本はこれまでと同じ「お出掛け&散歩ブログ」でやっていきます!

いくつか長野県を舞台にした新企画も考えてるので!!

(大丈夫!すげーバカらしい企画ばっかだから!!)

 

とりえあず!

ブログ読んでくれる方へ向けて、僕が移住した長野県松本市ってのはどんな所なのか、長野県を知らない人もたくさんいると思うので簡単に書いてみます!

 

最初にお断りしておくと、今回の移住では職場や取引先の人はとても良い人達に恵まれました!

途中、長野県の県民性について正直に書く場面がありますが、それは前回住んでた時に味わった部分を元に書いてます。

 

 

 

長野県ってこんな県なんだよ初心者編!

 

そもそもの話!

山とかスキーとか城が好きな人じゃなきゃ来ないよね長野県。

どこにあるのかっていうと・・・

 

 

 

こっこでーーーーす!!こっこ!!ここーーーー!!!(*^▽^*)

 

デケエ!!!

長野県!デケエ!!!

 

総面積13,562平方キロメートル!

こんな数字じゃ意味不明なのでランキングで言うと・・・

 

全国で4番目に大きい県なのだ!!

上位ランキングはこんな感じ!

 

  1. 北海道 83,424K㎡
  2. 岩手県 15,275K㎡
  3. 福島県 13,784K㎡
  4. 長野県 13,562K㎡
  5. 新潟県 12,584K㎡

 

まあ圧倒的スケールを誇る北海道はともかくとして、全国でも有数の大きさの県!

対決列島とか好きな人はこの辺は詳しいのか??

 

東京都が6個半ぐらい入ってしまう大きさっていう風に表現しておこう。

 

・・・って言ってもね山岳部がその多くを占めているので、人の住む地域の広さではないんだけどね。まあそれは他の面積上位県も同じことが言えるけど。

 

 

一番有名な特産品は・・・

 

りんご!!

 

ニッチなところではギターなんてのも音楽業界では知れてたりするの。

 

まあ詳しく知りたければウィキペディアでも調べてもらうとして話は松本市へと進みましょうか。

(ウィキには県民性が排他的だと書いてあるけど、全くもって否定出来ない。

でもそれは海のない山深い県だと何処も同じ気もするけど)

 

松本市ってのはこんなトコ!初心者編!

 

でもって僕が移住した松本市は、位置でいえば長野県の真ん中らへん。

 

 

 

はい!

周り全て山です!

左の方にみょーーーんって伸びてる部分はほとんど山。

変な形なのは平成の大合併の影響ですね。

 

でも待って!!!

山だ山だって書いたけど!

松本市はね、長野県で有数の街なんだよ!!!

 

f:id:tokotoko_yuuki:20180828225011j:plain

 

ね?山だけという感じではないでしょ??

何故に夜の写真なのかというと、昼間に街中で写真撮った事があまり無くて・・・

そして松本市のランドマークといえば松本城!!

 

f:id:tokotoko_yuuki:20190209221640j:plain

 

けっこう栄えてる街なので、他にも色んな魅力があるのだけど、それはまた追い追い。

とりあえず、こんな町だってのは過去記事のリンク張っておく!

読んで!アクセス数上がるから(笑)

 

 

なんで松本市への移住を選んだかというと実用的な要素が大きい。

山が好きとかウィンタースポーツをしてるとか一切ない。

長野県へ移住する人の大多数が上記の理由を含んでいるだろうけど僕にはそんなのない。

じゃあ実用的な部分で松本の何が良いのかというと

 

まず、長野県の他の地域よりも求人が多い。

長野市上田市もなかなか求人ありますが、東京から新幹線で日帰り出来てしまいます。

しかし松本市は新幹線がないのでビジネスも観光も宿泊する必要がある土地なのです。

なのでお金が落ちる。経済が回る。働く人が必要になる。

そして位置的に長野県の中心部にあるので、営業所を松本市に置く企業も多い。

 

こういった事から町の将来性を感じたわけです。

 

新幹線が通らない不便さが、逆に町の発展に繋がっていると思います。

 

 

第2に

それなりに発展してるのに自然が近くにある

 

山やウィンタースポーツに興味ないと書きましたが自然は好きです。

実はハイキングくらいなら好物です☆

周りには美ヶ原高原や安曇野上高地など自然あふれる土地がいっぱい!

それなのに市街地は意外と栄えてる!!

 

この「街」と「自然」のバランスが良いの!

村みたいなガッツリ田舎は、やっぱり怖いし、僕も奥さんもそんなの望んでない。

でも自然が近くにあるのなら将来子供に恵まれたとしても、のびのび育てる事が出来そう。

 

 

そして第3に

東京がそこまで遠くない(名古屋も)

 

僕がこれまで暮らしてた東京都や神奈川県まで電車なら3時間かからない。

友達にも週末に会いに行けるし、実家との往復もしやすい

地元・神奈川大好きだもん。

 

 ↓神奈川好きすぎて全市町村を散歩制覇したもん

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

こうして仕事数・街と自然のバランス・東京都の距離感から長野県内の市町村を絞り込んでいったとき、松本市塩尻市が候補に残りました。

そして東京の企業の長野支店を見つけたのが松本市だったというわけです。

 

山好きじゃなくたって長野県に移住したって良いでしょ!

 

長野県に移住する理由や、移住を勧めている市町村・企業・ブロガーさんは、とにかく山の魅力を語る。

もうね、長野といったら実際問題、山の魅力は凄いんですよ。

車でどこまで走ったってずーーーーーーーーーっと山ですから。

移住して3週間で北は長野市、南は阿南町まで仕事で車を走らせましたけど、とにかく全て山です。

 

山の恵みの素晴らしい土地です。

 

でもね、絶対に山登りが好きじゃなきゃいけない理由はないし、松本で出会った人の中には「山とかハイキング興味なし」っていう人もたくさんいるの。

 

だって考えてみて。

日本人、全員が侍好き?

関西人、全員が吉本興業好き?

福岡人、全員が明太子好き?

そんな事はないでしょ??

多様性の時代でしょ??

 

だから山登りやハイキングが苦手だって長野県を好きになったって良いの。

長野県に移住したっていいの。

美味しい野菜が好きだとか、蕎麦が好きだとか、わさびが好きだとか、温泉巡りが好きだとか、精密機器が好きだとか、工場で働きたいだとか、長野県に何か魅力を感じるポイントがあれば、一度はロケハン(視察)に旅しにきてほしい。

 

 

山間の県のデメリットとして排他的な人が多いというのは誰しもが感じる部分。

田舎は良い人が多いなんて理想論。

他県からの受け入れの良さでいったら、やっぱり東京・神奈川の方が遥か上。

(女性は他県からの人にも優しい。男性は他県より長野県が優れてるという意見の人多し)

 

でもさー。

嫌な人なんて都心部にも腐るほどいるじゃん。

だったら、さっきの3つのポイントが優れてる松本市、良くね?

 

そんな理由で、3年前に嫌な目に遭ったのに信州移住リベンジを松本市に決めました。

(3年前は排他的過ぎて有名な団体に入ってしまったのだけど・・・今回は良い人に恵まれてます!)

 

美味しいお店が溢れてる松本市

それも魅力の一つ。お店巡りしたい。

これってある程度栄えてる事が条件になるんだよね。

 

これからは松本周辺ローカルネタが激増しますが、こういう真面目回も時々書くので、また来てください!

「違う!」とか「長野県の魅力はそんなんじゃねえ!」「信州って呼べクソが!」みたいなコメントもドンドンくださいね!

 

最後に大事な理由を一つ!

 

 

 

 でも松本市にした最大の理由は・・・・

 

 

奥さんの地元だからなんだけどね!!

\(^o^)/キタコレー

f:id:tokotoko_yuuki:20190214231933j:plain

 

 スポンサーリンク

 

にほんブログ村 旅行ブログ 甲信越旅行へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ