信州散歩+旅 「笑っていこうよ!」

信州松本暮らし4年目の日々

スポンサーリンク

【金沢散策&能登半島一周の旅】⑥和倉温泉「海舟」でグルメと温泉三昧な1日を

金沢散策&能登半島一周の旅、第6話。

能登半島の付け根、七尾湾にある和倉温泉にある宿「海舟」さんで一泊です。

 

今回は全編、ホテル宿泊感想レポです。

 

 

 

↓前回の記事

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

 

広告

 

 

和倉温泉 白鷺の湯「海舟」とは

 

 

 

 

 


大手ホテルチェーンである共立リゾートが2021年の春にオープンさせたばかりの、めちゃくちゃ新しい宿です。

和倉温泉は老舗が多いので、新しさでは群を抜いてます。

 

ドーミーインというビジネスホテルを運営している会社というと分かりやすいかもしれませんね。

 

ビジネスホテルを運営しているっていう点からもして高級なイメージは無いと思います。ここ白鷺の湯 能登「海舟」も共立リゾートのジャンル分けとして【高級大衆リゾート】という高いのか安いのかよく分からない位置付け。

 

恐らくは少し高級なんだけども、気兼ねなく泊まれる宿っていうコンセプトなんじゃなかろうか。1日通して「フルサービスじゃない事が気軽さを生んでいる」感じがしたよ。

程よいサービスって感じ。これは良い。下手にフルサービスされるとこっちが気を使っちゃうもん。

 

 

 

 

写真の中央にある背の高い建物が海舟さん。

目の前は七尾湾という静かな静かな海です。

 

今回僕らが泊まるのは7階部分。

ゴールデンウイーク真っただ中なので、普段ビジネスホテルで旅をしている僕ら夫婦としては驚きの価格・・・!!

なんと2人合計で1泊、食事付きで60,000円( ゚Д゚)

 

こうなったら15時チェックインしてチェックアウトぎりぎりの11時まで滞在するしかないよね!!!(笑)

 

 

チェックインから就寝まで

 

エントランスの雰囲気

 

さてまずはフロントでチェックイン!!

フロントの奥には一面のガラス窓があり、七尾湾が一望出来ます!

 

 

 



 

 

 

どうやらこの海を見ながら無料でコーヒーや紅茶を頂けるようです。

千里浜なぎさドライブウェイから車を走らせてきたので喉も乾いてるので頂きます!

 

 

 

 

 

まるでバーの様な雰囲気の空間。

これ・・・無料かよ。何回飲んでも良いらしい。

マジか。

しかもだよ。よおく探すとガラスの外へ行ける通路があるんだよ。

これはね、殆どのお客さんは気づいてないと思うんだよね。隠し通路レベル。

 

 

 

 

 

ガラス窓の外はテラス席。

さきほど散策中に作った温泉卵と無料コーヒーという変な組み合わせになっちゃったけど頂きます!(^^♪

 

 

 

和洋スタンダードダブルのお部屋

 

さて7階までエレベーターで登ってお部屋に入ります!

 

 

 

 

今回泊まるのは和洋スタンダード ダブルという部屋です。

 

 

 

 


畳みのお部屋なのですが、洋風でもあります!

そしてなにこの上の装飾はっ!!!

殿様ですか?!殿様気分って事ですか?!

 

お部屋には大きな窓があって、その外に見えるのは・・・・

 

 

 

 

 

海っ!!

静かな海が見えます!

そしてテラス席が付いているんです!

 

 

 

 

 

海を見ながらゆっくり過ごせるテラス席!

こいつぁ最高だなあ!!

そして写真を何故か撮り忘れましたが、ここはテラス席でもあり・・・

 

「個室露天温泉」でもあります(≧▽≦)

 

なんとこの部屋、スタンダードだというのに専用の露天温泉が付いてるんです!!

 

空の桧の湯舟に蛇口を捻るとアツアツの(熱すぎるから水で薄める)温泉がドバドバと入っていきます!!なんじゃこれ凄すぎっ!!

 

そしてそこからの景色がコレ・

 

 

 

 

目の前は海!

対岸には能登島という離島。

そしてどうやら能登島には橋が繋がっている様です。

 

 

 

 

波の少ない湾。

まるで湖の様な雰囲気です。

 

 

貸切露天風呂へ行ってみる

 

お部屋に温泉が付いているのに大浴場も貸切露天風呂もある海舟。

せっかくなので貸切露天風呂にも行ってみよう。

 

 

 

 

タオルなどのセットはこんなお洒落な入れ物に纏めて入っています。

こういうきめ細やかなトコまでデザインされているのがワクワク感を向上させてくれるんだよね!嬉しい!

 

 



 

貸切露天風呂は3種類。

土乃音、石乃音、木乃音。

お部屋の温泉は木だったので、入ったのは写真の土乃音です。

 

マジ最高に贅沢です。

和倉温泉はどうやら少し塩味の様です。

顔にお湯がかかるとしょっぱい感じがします。

 

温泉を満喫したら出た場所には魅力的なご案内が・・・・

 

 

 

 

 

何個でもOKらしい(;・∀・)

マジすか。

と、と、とりあえずアイスキャンディをば!!

 

 

 

 

すいません、お部屋とこの場所を何回も往復して何本も食べちゃいました(笑)

もちろん牛乳も・・・・これでお腹いっぱいになったらどうしよう(;・∀・)

 

広告

 

 

夕食は食事処で和食懐石

 

さてアイス食べつつ、お食事の時間です。

食事処で頂く形なのですが、大広間というより和食レストランかの様な雰囲気です。

運んでくれる方はテーブルの担当がいらっしゃるようです。

 

それでは懐石料理を頂きます!!!

 

 

食前酒「数馬酒造 竹景」と雲丹豆腐



食前酒がいきなり美味しい。

はあ、幸せ時間の始まりを感じる。

いや、さっきからずっと幸せだけど!

 

 

前菜、二の膳

 

 

上品で美味しい料理が次々と運ばれてきます。

中トロがあったのだけど朝に食べた近江町市場のよりも美味しくて最高・・・!!

思わずさっき食前酒で飲んだ日本酒を一合追加してしまいました(笑)

 

 

 

 

のどぐろのしゃぶしゃぶ。

 

高級魚のどぐろ尽くし!!

しかもメインはしゃぶしゃぶ!!

あかん、なんだこの贅沢は!!

 

 

 

 

 

いくらゴールデンウイークだからってこんな贅沢してて良いのか!

 

良いのだよ!!

今回の旅は3泊あるけど、他の2泊はビジネスホテルだもの!

 

それにしても、のどぐろのしゃぶしゃぶはヤバかった!!

一年中ずっと旬だという、のどぐろ。脂が乗っていて本気で美味しい!!

 

 

 

 

合鴨の治部煮って書いてあった左の料理と茶碗蒸し。

治部煮っていうのは(じぶに)金沢の郷土料理らしい。

優しい味わいで、脂っぽいのどぐろの後にとても良かった!

 

 

 

 

こんなに食べたのに、あさりご飯セットまで出てきてお腹いっぱい!

このあさりご飯も美味しかったなあ・・・。

満足だよ。僕はもう満足だ。

 

 

 

 

デザートにはくずきりも!

これ、品の良いくずきりだった。

母とかにも食べさせてあげたい。

 

 

・・・こうして大満足なお食事をしてお部屋へと帰りました。

 

 

 

 

この後、お部屋の温泉に浸かり、無料コーナーでアイスキャンディーを頂く。

 

そして22時・・・・アイスキャンディーの場所で・・・恐ろしいイベントが始まった。

 

 

 

夜鳴きラーメンの提供

 

 

 

 

 

ああああああああ!

 

なんでこんな時間に夜鳴きラーメンの無料提供とか始まるんだよ!!!

 

そういえば三年前に富山県の魚津に泊まった時も出てきた。

北陸って夜鳴きラーメン出てくる事が多いの????

 

旨い・・・!!さっき懐石料理食べたばかりなのに何故に食べれてしまうんだ・・・

 

お腹いっぱいになったところで、ふと横を見ると、例の案内板が再び目に入る。

 

 

 

ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!

 

 

翌日、チェックアウトまで

 

朝食を頂く

 

 

 

旅は3日目。

本日も晴れまくってます!!

朝は七尾湾がさらに鏡の様に静か。

 

まずは朝食です。

 

 

 

 

 

おっとーーーーー!!!

いきなり豪華!!!

朝食も昨日と同じ食事処になります。

 

能登半島の食事は海鮮もあるけど山の幸もあるのが嬉しい。

野菜もね、かなり美味しいんだ。

長野県民の僕が言うんだから間違いない!!

 

 

ちなみにお部屋に温泉が付いてるので・・・

 

朝食の前にも後にも温泉に入ったぞ!!最高だろ!!!

 

 

チェックアウト時に気付いた嬉しい事。

 

こうして最高な宿泊を終え、お部屋を出ようとした時です。

部屋の冷蔵庫を開けてみると、サイダーやらビールが入っています。

 

「ご自由にどうそ」

 

 

えっ!!ビールも自由なの?!?!

 

という事でサイダーとビールを1本ずつ、そしてお水を2本取り出して(冷蔵庫にあったヤツ全部ね)いよいよ能登半島の奥地目掛けて出発です!!

 

 

 

 

最後に海舟さんの入口で夫婦の記念写真を撮ってもらいました!

最高な時間をありがとうございます!!海舟!!!!!

 

 

→次回へ続く

 

tokotoko-yuuki.sanpotrip.com

 

 

広告

 

スポンサーリンク